美味しさ間違いなし!軽井沢にきたら食べたいグルメ

やっぱり行きたい「沢村」モーニング

信州横断一人旅5日目(2018年10月13日)

早いものでもう最終日。

今日は13時には軽井沢を離れる予定。

あまり時間がないけど最後まで軽井沢を満喫しましょう♪

小諸駅からしなの鉄道に乗って軽井沢駅へ。(片道約25分・480円)

モーニングを食べるため、歩いて旧軽井沢銀座へ向かいます。

軽井沢駅から旧軽井沢銀座までは、軽井沢本通りをまっすぐ歩いて約20分。

相変わらずこれが地味に遠くてしんどい(;´Д`)

腹ペコで力がでないよ・・状態ながら頑張って歩いて目的地に到着!

【営業時間】7:00~21:00(モーニングは7:00~10:00)※季節によって変動あり

【定休日】なし

沢村 モーニング

ベーカリー&レストラン沢村(お一人様指数★★★ コスパ指数★☆☆ リピート指数★★★) 

厚切りトーストとソーセージ&ベーコンエッグ

¥1500

軽井沢へ行くと必ずモーニングで利用する沢村。

軽井沢価格で高いけどやっぱり食べちゃうよね~。

ちなみに夏に食べたボリューム満点の沢村モーニングプレートは、この時期のメニューには載ってなかったです。

今回は道路側ではなく、店の奥にあるテラス席が空いてたからこちらで。

やっぱりこの席はいいね~。

自然の中で優雅に美味しいモーニング。最高!(*´з`)

ただひとつ残念なことが・・

パクパク食べてるとサラダの中から小さい青虫くんが・・

まぁ青虫がいるってことは新鮮ってことで!と自分に言い聞かせてみたけど、やっぱり気になるから店員さんをお呼び出し・・

「あの、ここに・・小さい・・これが・・」(遠慮がちに伝える私)

「すみません!」(食い気味で謝る店員)

「サラダの部分だけで良いので、かえてもらうことできますか?」(なぜか遠慮がちに確認する私)

「もちろんです!少々お待ちください!」(お皿を持ってすばやく消えていく店員)

待つこと少々・・伝えた通りに他はそのままで、サラダ部分だけが新しくなって戻ってきました(笑)

本当に沢村のパンは美味しいし気に入ってます。旧軽井沢店にしてもハルニレテラス店にしても店の雰囲気もお気に入り。

なのにこういうちょっと残念なことをやられがちな沢村。私だけ??

トーストの提供を忘れられたり・・それが食べたくて行ってるんですよ!

食い逃げと間違われたり・・お会計後にトイレへ行ったから?でもレジの人にトイレを借りて良いか確認しましたよ!

※旧軽井沢店は現在先払い制になっていたので、食い逃げと間違われる心配はありません(;´∀`)

こんな目にあいながらも、毎回行ってしまうのが沢村です(笑)

軽井沢名物「ミカド珈琲」は必須

そしてもうひとつ。

軽井沢にくると必ず食べてしまうのがミカド珈琲のモカソフト。

昨日行ったスーパーツルヤや、アウトレットにもあるけどやっぱり旧軽店で食べたい。

沢村から10分くらい歩くとミカド珈琲発見。

ミカド珈琲 外観

まだ午前中やのにちょっと行列が。

いつもはお持ち帰りで買うけど、今回は初の喫茶室を利用してみます。

【営業時間】10:00~17:30(L.O17:00)※季節によって変動あり

【定休日】不定休

ミカド珈琲 モカゼリー

ミカド珈琲(お一人様指数★★★ コスパ指数★★☆ リピート指数★★★)

モカゼリー

¥670

ちょっと寒いけど、どうせなら2階にあるテラス席で。

店の前を通るたびに気になってたけど、テラス席はこんな感じやったのね~。

いつもはモカソフトやけど、せっかくの喫茶室なので初のモカゼリーを注文。

ホロ苦いコーヒーゼリーの上に、いつものモカソフトが(*´з`)

ガムシロップがついてきたけど、モカソフトがまぁまぁ甘いからかけなくて良いかな。

ためしに終盤でガムシロップかけてみたけど、かけない方が私好み。

最後の晩餐も終わり、旧軽井沢銀座をもう一度ブラブラしてたらあっという間に帰る時間です。

安価で軽井沢から京都まで

軽井沢から新幹線を利用して帰ったら、もっと時間に余裕もあるんやけどな~。

ここはケチって安く帰りたいので、こんな足早な最終日になってます。

ちなみに軽井沢から新幹線を使うと・・

軽井沢駅から北陸新幹線で東京駅(約1時間)、東京駅から東海道新幹線で京都駅(約2時間20分)。

合計約3時間20分で片道約2万円。

やっぱり高っ!

というわけで前回同様に時間はかかるけど、安いルートで帰ります(;・∀・)

まずは軽井沢駅からしなの鉄道に乗って篠ノ井駅まで。(約1時間20分・片道1440円)

※途中の小諸駅で乗り換えあり。

軽井沢駅 しなの鉄道

相変わらずしなの鉄道はレトロでかわいい。

しなの鉄道は電車によってドアが手動で開閉の場合があります。

勝手に開くと思って待ってると、後ろの人が「も~っ」という空気をだしながらドアを開けられるので要注意。

篠ノ井駅からワイドビューしなのに乗って名古屋駅まで。(約3時間)

篠ノ井駅 ワイドビューしなの

名古屋駅から東海道新幹線のぞみに乗って京都駅まで。(約35分)

今回は名古屋駅で乗り換えるのぞみの指定券は、待ち時間が通常より少し長めでとりました。

その理由は・・

名古屋駅 千寿天むす

千寿の天むすを買うため!

ちょっぴり走ったけど無事天むすゲット。

この天むすがめちゃくちゃ美味しいんですよ(*´з`)

名古屋の天むすは地雷也も有名やけど、私は千寿派です♪

名古屋駅のエスカ地下街に千寿はあるので、気になる方は是非。

篠ノ井駅から京都駅までは11140円(指定席)だったので、帰りの交通費は合計12580円。

約8000円の節約!

そのかわりかかった時間は合計約5時間・・激長っ(;´Д`)

お金をとるか・・時間をとるか・・永遠のテーマです(笑)

今回もバタバタした一人旅になりましたが、秋の信州を十分満喫することができました。

紅葉の時期の信州も非常にオススメです!!

花より団子の私的には、美味しいものがたくさん食べられたのも満足♪

信州旅行を計画されている方の少しでも参考になりますように!

信州編を最後までお付き合いいただきありがとうございました(●´ω`●)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です