パン好き必見!軽井沢のオススメモーニング

人気のパン屋さん「沢村」で最後の晩餐

あっという間に最終日の朝。

朝ご飯を食べに旧軽井沢へ出発です。

軽井沢駅から徒歩約20分。やっぱり遠い。しかも今日はホテルをチェックアウトしたあとなので、全荷物持参が非常に重たい(;´Д`)コインロッカーに預ければいいんですけどね・・そこはケチりました(笑)

重たいリュックを背負いながら必死で歩いてたどり着きました!旧軽ロータリーのすぐ近く。

【営業時間】7:00~21:00(モーニングは6月土日月、7月~10月の7:00~10:00)

【定休日】なし

沢村 モーニング

ベーカリー&レストラン沢村(お一人様指数★★★ コスパ指数★☆☆ リピート指数★★★)

厚切りトーストとソーセージ&ベーコンエッグ

¥1500

食パンがモチモチでものすごく美味しい!(*´з`)

私はこの食パンが食べたくて軽井沢へ行くと必ず行くお店です♪

毎回盛りだくさんの沢村モーニングプレートを食べるせいで、その後の昼ご飯やデザートが満腹で食べられない。さすがに4年連続で行っているのでそこは学習して、品数が少ないこちらのメニューを初めてチョイス。沢村モーニングプレートにはついているキッシュやポテトサラダがついていません。これでいつもより胃袋に余裕が・・と思っていたらまさかのパンが1つ多かったです(;・∀・)

美味しいので全然良いんです。良いんですけどね。結局この朝ご飯がこの旅最後の晩餐になりました。やっぱり・・

ハルニレテラス店でもモーニングは食べられます。去年はハルニレテラス店で食べましたが、テラス席が少ないので席があくまで結構待ちました。店内であればそこまで待たなくてもいいかもしれませんが、せっかくだったら自然の中で食べたい!

それに比べ旧軽井沢店はテラス席も多いので並ばずに食べられました。ただテラス席といっても場所によっては道路を走る車を眺めながら食べることになります。ちなみに私が今回座った席も道路に近い席です。真横を車がビュンビュン走っているわけではないのでそこまで気にならないとは思いますが、より自然のマイナスイオンを浴びて食べたい方は行列覚悟でハルニレテラス店へ!

朝ご飯を食べた後は毎回パンも買ってかえります。

「モーニングと同じ食パンをください」。毎回同じ注文の仕方です。

初めて購入したときにカットをお願いしたら「8枚切りまでできます」と言われてビックリ。8枚切りって!!関東方面では普通なんですかね~。4枚切りが人気の関西に住んでいるので少しカルチャーショックでした(笑)

旧軽井沢銀座をブラブラ

せっかく旧軽まできたので少し散歩することにしました。

旧軽井沢銀座

旧軽井沢銀座にはジャム屋さんなどお店がたくさんあって、ブラブラするのも楽しいです。ジャム屋さんは試食をしているお店が多いので、食べて気に入ったジャムを選べるのは非常に良い!この時は満腹で試食する気にはなりませんでしたが。

ミカド珈琲

いつも行くミカド珈琲。8月に行くとここに大行列ができています。いつもテイクアウトなのでいつか喫茶も行ってみたいな~。お腹に余裕があればもう一回モカソフトを食べたのに・・

浅野屋

浅野屋も軽井沢で有名なパン屋です。

浅野屋のトマト&モッツァレラというパンが私のお気に入り♪去年行った時に偶然できたてのトマト&モッツァレラがあったので、即購入して店内のイートインスペースで食べたらめちゃくちゃ美味しい!あれは感動的な美味しさでした(*´з`)ちなみにこのパンはトマトがブシューとでてくるので食べるときは要注意です。

フランスベーカリー

浅野屋の前にはフランスベーカリーもあります。

ジョンレノンが通っていたというパン屋さんです。気になるものの毎回この前にパンを大量購入しているので、今だに食べたことがありません。今回も結局購入せず・・でもいつかは食べてみたい!!

新しくなった軽井沢駅

去年の8月に軽井沢駅にきたときと何かが違う・・

ホームから改札口へ行くには狭くて急な階段を上がるしかなかったのに、ホームの左側に新しい改札口ができている??そしてあの奥にある広場は何??

軽井沢駅 ホーム

謎が多すぎるので新しくできたであろう改札口に行って駅員さんに確認。

どうやら去年の10月に駅舎記念館になっていた旧駅舎が新しく旧駅舎口として復活したそうです。

旧駅舎口

今まで存在さえ気付いていなかった旧駅舎。旧軽方面の北口側にあります。

見た目はほぼ原形のまま残しているとのことでレトロですが、中はとても綺麗。かわいい待合室の横にはカフェもありました。

駅員さんにホームにあった広場についても聞いてみると「良かったら入って見てきていいよ~」と軽く言ってくれました。改札をでた後なのにもう一度入れてくれる優しさ。今だに自動改札ではなく切符手渡しだからできる優しさ(*´ω`*)

この広場は「森の小リスキッズステーション」といって親子で楽しめるスペースだそうです。

森の小リスキッズステーション

小さい電車が走っていたり、ブランコがあったりとても楽しそう。

森の小リスキッズステーション

思った以上に広かったのでこの場所は今まで何があったんでしょう・・

ちなみに今年の3月で軽井沢駅の全リニューアルが完了したそうです。そういえば軽井沢駅構内のお店も綺麗になっていました。峠の釜めしで有名なおぎのやも立派な売店に生まれ変わっています。

帰りのルートも安さ重視で

そんなこんなでそろそろ帰路につく時間です。

軽井沢から京都まで行くには新幹線を使うのが一番ラクチンです。

軽井沢からまずは北陸新幹線で東京まで。(約1時間)東京から東海道新幹線に乗って京都まで。(約2時間20分)ただしお値段は片道で2万円近くします・・

何度も言っていますが今回の裏テーマはいかに交通費をおさえるか。片道でこんなに払う気はありません。時間がたとえかかっても安さ重視です!!

という訳で私の帰りのルートはこちら。

軽井沢からまずはしなの鉄道で篠ノ井まで。(約1時間20分)時間帯によっては小諸で乗り換えの場合もあります。片道1440円。

篠ノ井からワイドビューしなので名古屋まで。(約3時間)

名古屋から東海道新幹線で京都まで。(約35分)

ワイドビューしなのと東海道新幹線は一緒に購入すると少し安くなります。片道11140円。

新幹線だけと比べると7千円くらいお安くなります。ただし乗車時間は合計で約5時間もかかります。時間に余裕がある方、電車に乗るのが好きな方にはおすすめします。

この時は昼過ぎに軽井沢を出発したのに京都に着いた頃には夜でした( ゚Д゚)

京都タワー

だいぶ盛りだくさんだった北陸~信州一人旅もこれにて終了です。今回は珍しくふんだりけったりな旅でしたが今となっては良い思い出です。

一つアドバイスするならば本当に行きたいお店は、直接電話をして営業確認をした方がいいです。ホームページを信じると危険です(笑)

北陸・信州旅行を計画されている方の少しでも参考になりますように!

北陸~信州編を最後までお付き合いいただきありがとうございました(●´ω`●)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です