りんごだけじゃない!弘前で洋風建築巡り

あおもりホリデーパスを使ってお得に弘前へ

青森一人旅最終日(2018年8月24日)は弘前を観光します。

弘前って書いて「ひろさき」。どう考えても「ひろまえ」やん・・日本には読みにくい地名が多い。

宿泊していた八戸駅から弘前駅まで行くには2パターン。

①八戸駅から東北新幹線はやぶさに乗って新青森駅、新青森駅からJR奥羽本線に乗り換えて弘前駅まで。

約1時間15分(片道4100円)

②八戸駅から青い森鉄道に乗って青森駅、青森駅からJR奥羽本線に乗り換えて弘前駅まで。

約2時間30分(片道2950円)

どちらも乗り継ぎの電車によって時間は変動します。うまく乗り継ぎの電車がこないとまぁまぁ待たされるのでご注意。

相変わらず交通費はケチりたいので、多少時間がかかっても安い方を選択。

券売機に【あおもりホリデーパス「みどりの窓口」にて発売中!】と書いてあったので、とりあえずみどりの窓口で確認。

あおもりホリデーパス

あおもりホリデーパスは土・休日(他特定期間もあり)の1日間、フリーエリア内の普通列車が乗り放題になります。

この日は金曜日でしたが、世間は夏休みで特定期間中だったので利用できました。ラッキー♪

あおもりホリデーパスは2470円。

八戸駅から弘前駅までの片道しか使う予定はないけど、片道だけでもお得!

りんごの街「弘前」

電車を乗り継ぎ約2時間30分かけて弘前駅に到着。

今日は青森空港17時発の飛行機で帰ります。

ということは弘前駅15時25分発の青森空港行きバスに乗らないと間に合わない・・(弘前駅から青森空港までは約1時間かかります)

※時期によってバスの出発時刻が異なるので要確認。

現在11時30分。

約4時間で観光と昼ご飯とデザートをこなすというハードスケジュール(;゚Д゚)

急げ~!とりあえず昼ご飯から!!

弘前駅バス乗り場

弘前駅前から土手町循環100円バスに乗って市役所前まで。(約30分)

バスの中は満員。ここでも海外の人ばかり。車内は異国の言葉が飛び交っています。

私が降りた市役所前は弘前城も近いので、降りる人が多かったです。

本当は弘前城も行こうかと思っていたけど、桜の季節に行く方がいいみたいなので今回はスルー。

その上、台風の影響で大雨だったのであまり外を歩く気にもなれず・・観光は屋内をメインでまわることをここで決意。

大雨の中、弘前城の周辺を見ながら歩くこと約5分。

【営業時間】11:30~14:30/17:30~21:00

【定休日】 月曜日

カフェ山崎 カレー

cafe山崎(お一人様指数★★☆ コスパ指数★★☆ リピート指数★★☆)

奇跡のりんごすりおろしカレー

¥1100

やっぱり弘前なのでりんごを使ったメニューを(*´з`)

う~ん、普通に美味しいけど私にはりんご感が分からず。

そして注文してから提供までに結構時間がかかったな~。カレーを煮込んでた?カレーはすぐでてくるものだと思っていたので少々待ちぼうけ。

ちなみに隣にあるレストラン山崎では、もっと高級なフレンチがいただけます。

奇跡のりんごフルコース¥5400も気になったけどな~。

時間もあまりなかったし・・と言い訳。

ノスタルジックな気分が味わえる洋館巡り

お腹も満たされたあとは急いで観光へ。

弘前には私が大好きなレトロ建築がたくさんあります。しかも現在地周辺に4か所もレトロスポットが!時間がない時に観光スポットが集まってるのは非常にありがたい。

青森銀行記念館

まずは「青森銀行記念館」。

突然現れる素敵なレトロ建築!

旧第五十九銀行(青森銀行の母体)の本店として明治37年に建築。

現在は記念館となっていますが、銀行当時のカウンターや会議室などを見学することができます。

青森銀行記念館 入場券

入場料200円を払っていざ!

1階では銀行に関する資料や昔のお金などが展示されています。

昔のお金は紙幣だけではなく、小判なんかもあって面白い。大量の展示品があったけど私は旧型のお金に夢中でした(;・∀・)

もうひとつ私の心を鷲掴みにした展示品がこちら。

青森銀行記念館 金庫

当時使われていた金庫。

何にそそられるって右側のダイヤルをよく見ると「イロハニ・・」ってカタカナ!普通は数字やのに!時代を感じずにいられない一品。ノスタルジック。

青森銀行記念館 階段

素敵な階段を上がって2階へ。

2階では会議室や応接室を見学できます。

青森銀行記念館 金唐革紙

大会議室の天井に使われている金唐革紙は全国的に貴重で、現在では数か所でしか見ることができないので必見。

歴史ある建物やのに古さをあまり感じない、見ごたえのある建物でした。200円で見学できるのは安いと思うので是非。お金払うのは・・という私以上にケチなあなたに朗報!無料開館日もあるそうなのでそこを狙って行きましょう!

旧東奥義塾外人教師館

お次は青森銀行記念館から徒歩約3分で行ける「旧東奥義塾外人教師館」。

青森初の私学校東奥義塾の外国人宣教師が住んでいた場所。

入場料無料で2階の書斎などを見学することができます。せっかくなのでサクッと見学したあとは、すぐ隣にあるレトロ建築へ。時間がないのは辛い・・

旧弘前市立図書館

「旧弘前市立図書館」。

こちらも入場料無料で見学ができます。

旧図書館の関連資料などの展示を見ることができますが、私的には資料よりも建物自体を見ている方が楽しかったです。見学者が私一人だったので貸し切り状態で見れてラッキー♪

そこそこ急ぎ足で観光したあとはデザートタイム!

やっぱりアップルパイは外せない!!

藤田記念庭園内にある大正浪漫喫茶室では、弘前市内の洋菓子店のアップルパイが食べられます。7店舗くらいの中から自分好みのアップルパイが選べるって素敵やん。

藤田記念庭園に向かって歩いているとスタバ発見!

スターバックス

前にインスタで見たシャレてるスタバ。

スタバは場所によって外観が違うのは良いね。まぁ基本的に高いから飲まんけど(;・∀・)写真撮影だけして今回もスルーーー。

旧弘前市立図書館から歩くこと約10分。

藤田記念庭園へ到着。

藤田記念庭園は入場料310円かかりますが、大正浪漫喫茶室だけの利用であれば無料。

大正浪漫喫茶室

めちゃくちゃかわいい洋館!

どの店のアップルパイにしようかな~とウキウキしながら店内へ入ると、まさかの行列!!

ちょっと並んでみたけど順番が進む気配なし・・時間もない・・泣く泣くここは諦めることに・・

でもアップルパイは諦めきれない。弘前まできてアップルパイを食べないなんてありえん(;´Д`)

そういえば少し前に見学した旧東奥義塾外人教師館の1階にカフェがあった!急いで来た道を戻ります。

【営業時間】9:30~18:00

【定休日】なし

サロン・ド・カフェ・アンジュ アップルパイ

サロン・ド・カフェ・アンジュ(お一人様指数★★★ コスパ指数★★★ リピート指数★★☆)

アップルパイとアイスティー

¥702

念願のアップルパイ~(*´з`)

正直味は普通やったけど弘前で食べるっていうだけで、ちょっと美味さが上乗せされてるような(笑)

お客さんも少なかったので、外にあるミニチュア建造物を見ながらのんびりできました。

行きと同じく市役所前から土手町循環100円バスに乗って約15分。

なんとか予定時間より早く弘前駅へ戻ってこれました。

台風直撃の青森空港

前日から東北に台風が近づいていて、前日の伊丹空港行きの昼便は1時間遅れ。夕方便は欠航。

まさか今日も?!と思い空港行きバスに乗る前にANAのホームページで運航状況をチェック。

定刻で出発予定になってる!安心して青森空港へ。

弘前駅前の5番バス乗り場から青森空港行きのバスに乗ります。(片道1000円)

大雨の中、青森空港に無事到着。

時間もあまりなかったので、急いでチェックイン機でスマホに届いた二次元コードを読み込ませて搭乗券をゲット。

サクッと保安検査場を通過して搭乗ゲートへ。

搭乗ゲートにある掲示板を見ると「天気確認中」の文字が。なにやら嫌な予感。

出発時刻15分前にまさかの「欠航になりました」のアナウンス・・

マジかーー(-“-)

まわりのざわつきもスゴイ。そりゃそうだ。

でもグダグダ言っても仕方がないのでANAのカウンターで今後の手続きを。

やけに私が冷静に行動できている理由。それは行く前から台風でこうなる気がしてたから。ちゃっかり1泊分多めの荷物で準備万端やったし問題なし。

カウンターの行列で順番がくるのを待っている間に、スマホで今日の宿泊地を予約。宿泊地さえ確保できれば怖いものなし。

やっとまわってきた私の番。

ANAの人の謝罪から開始。この人は悪くないのに可哀そうやな~と思いつつ話を聞く。

明日の便で帰れたらいいやと思っていたのに、まさかの明日の青森~伊丹便は満席で用意できない?!あさっての便ってことは2泊も延長?!それはないわ~(;´Д`)

次の提案は新幹線。いやいや新幹線ってどんだけかかるの?!青森~東京、東京~京都って新幹線乗り換え?!6時間くらいかかる?!3万円?!この案もないわ~(;´Д`)

最終手段は明日の仙台~伊丹便なら振替可能。そのかわり仙台までの新幹線は自己負担。まぁ仕方がない。この案で決定しよう。

飛行機の時間は選べるとのことで「午前中の便に振り替えますか?」と言われたけど、何をおっしゃってる?!

仙台に行くなら牛タンは食べるでしょー?!午前で帰るなんてもったいない!

というわけで夕方の便に振り替えてもらいました。

そんなこんなでせっかく青森空港まできたのに、青森駅まで逆戻り。

青森駅行きのバスに乗って約35分。(片道700円)

とりあえずお腹もすいたので夜ご飯を食べに行きます。

【営業時間】7:00~21:00

【定休日】月曜日(祝日の場合は火曜日)

長尾中華そば あっこく麺

長尾中華そば(お一人様指数★★★ コスパ指数★★★ リピート指数★★☆)

津軽煮干しラーメン(あっこく麺)

¥680

入口にある券売機で券を購入して渡すスタイル。

スープはあっさり・あっこく麺・こく煮干しの3種類。よく分からんから中間ぽいあっこく麺をチョイス。

あっこく麺は麺も手打麺・中太麺・細麺・ちぢれ麺の4種類から選ぶって、入店前から色々悩ませるやん。

ここでもなんとなくで手打麺をチョイス。

煮干しラーメンやしクセが強いかと思いきや食べやすい(*´з`)

サクッと完食したあとは、お気に入りのA-FACTORYへ再訪。

本当ならこの旅ではもう行けないはずだったので、調子に乗ってお土産や自分用のお買い物を満喫♪

まさかの1泊延長というなかなか味わえないアクシデントも楽しめている私。一人旅慣れしてきてるな~と実感しつつ4日目はこれにて終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です